自家焙煎コーヒー豆売と喫茶 モカモアコーヒー

モカモアガーデンへようこそ!

庭担当しめじです。はじめは何もなかったモカモアコーヒーの庭。
少しづつ手を加え、年々見ごたえのあるガーデンに成長してきました。
失敗もだいぶしましたが…環境にあった宿根草は徐々に大株に育ち、私たちの目を楽しませてくれます。
そんなモカモアガーデンを楽しみにご来店してくださるお客様も多く
ご期待に答えられるよう日々の管理に勤しんでいます。

このコーナーでは今見頃の季節の花木をちょっとづつですが紹介させていただきたいと思います。

2016/6/6撮影

この時期の庭の主役は「シャスタデージー」
初めは種から蒔きました。落ち種で毎年どんどん増えています。
あれっ?植えた覚えのない道路にも増えてる!
暑さ、寒さにも強く頼もしい存在。毛虫がつきやすいのが難点ですがあまり気にしません(笑)
「シャスタ」とはカリフォルニア州のシャスタ山の降雪にちなんでいるそうです。



「ジギタリス」は初夏の宿根草の中で早めに咲き始め存在感を放っています。
なんかピーターラビットが出てきそうなガーデンにぴったりです。
暑さに弱いため暖地では夏越しが難しいらしいですが
ここでは植えっぱなしでOKですよ。
薬草でもある半面、毒草としても知られていますので
間違っても口にしないでくださいね。



こちらは「ニッコウキスゲ」です。
4〜5年前にお客様からいただいた花を株分けで増やし、今は6株まで増えました。
ニッコウキスゲというと高原、もしくは海岸沿いなんかに群生してる
イメージがありますが庭植えでも大丈夫ですよ!
しかも日向でも半日陰でもどっちでも花が咲くみたいで重宝しています。



最近カラーリーフにはまっています。
「シモツケ」は新芽は赤に近いオレンジ色なんですが
徐々に明るい黄緑色になりとても目を引きます。
特に黒っぽい色の植物(右はベロニカ グレース)と隣り合わせて
引き立てるというテクニックがお気に入りです(^O^)
さらにピンク色の小花が咲くこの時期はパーフェクト!
手もかからないのでおすすめの落葉低木です。



もっともっと紹介したいのですが…
次回の更新をお楽しみにお待ちください!
戻る
戻る


Copyright 2016 mochamore coffee All Rights Reserve
inserted by FC2 system