モカモアコーヒーTOP
モカモアコーヒーTOP
きのこさんの 森のカフェぐらし エッセイ
きのこさんの 森のカフェぐらし エッセイ
自家焙煎コーヒー豆売と喫茶 モカモアコーヒー

きのこさんの 森のカフェぐらし エッセイ

ある金魚を巡る話


 モカモアコーヒーの「かおしろさん」のことならおもしろい。

 かおしろさんはお店の受付をしている顔の白い金魚です。琉金(りゅ
うきん)というどこにでもいる種で、昨年の夏、某ホームセンターMサシ
で出会う。

 今は直径30センチ程の金魚鉢にいて、空気のブクブクもないんだけ
ど元気です。すぐそばの沢の水を汲んできて2週間に1度くらい換えて
あげます。

 真冬はほとんど動かず、段ボールと毛布を掛けてあげて寒さをしの
ぎ無事冬を越しました。

 最近、金魚は満腹中枢がないと聞きました。そうとは知らず餌をやり
すぎたのか、ぽっこりお腹で明らかに太っている。 

 それでもかおしろさんはお客様を笑顔にする力を持っているからすご
い。

「金魚が太ってる!ワハハ」と大笑いされ、

「キャー!かわいい」とデジカメでパシャリ。

「いた!ほんとにいた。かおしろさん」

「ママ、金魚のおもちゃがいるよ」

「金魚が生きてるぅ〜」

「うちには金魚じゃなくて鉄魚がいる」とか…。

ムスッとしたおじさんまでもがかおしろさんに向かって
「金魚バイバーイ」って手を振って帰るとか。

これはもう「かおしろマジック」というしかないですね。

あの…みなさん、ただの金魚ですよ〜。

トップへ
トップへ
戻る
戻る

inserted by FC2 system